2014年07月24日

火曜日の日
アバンギルドで唄いました。女性シンガーばかりで色とりどりで自由で 壮大で可愛くてだんだん人間ではなくてみんな鳥に見えてきた。わたしもチュンチュン唄いました。とても楽しかったです。あの日のみなさまどうもありがとうございました。
7月 京都でのライブは無事終わりました。来月は京都では3回うたいます。関東へも行くので日程だけお知らせしますね。詳細はまたあしたにでも。

8月2日(土)京都 西院 ミュージックフェスティバル
8月15日(金)京都 元田中 ザンパノ *具なし焼きそばナイト
8月19日(火)京都 丸太町 アイタルガボン
8月21日(木)東京 神保町 試聴室
8月22日(金)北浦和クークーバード
8月24日(日)渋谷 guest

6BD5A9B8-7E5E-4E22-9B1B-752005204F79.jpg

火曜日の日
ねむたい目レコード丸山さんからレコード在庫送って頂きました。まだまだ張り切って販売中です。まだお持ちでないあなた。安藤明子のライブ会場またはねむたい目レコードのサイト、または以下に記したステキショップへ。ぜひ。

diskunion
ぐうの音
クークーバード
円盤
leven
PETSOUNDS
ViOLET AND CLAiRE
ココナッツディスク 
Hi-Fi Recordstore
JETSET
恵文社
Hi Fi cafe
100000tアローントコ
エジプトレコード
DOMA

購入できるお店一覧詳しくは視聴もできる『ねむたい目レコード』の特設サイトへ

2013年12月14日 ライブ会場にて発売開始
「アペタイト/月のうた」安藤明子(NMTI-001)
*弾き語りバージョンCDーR付き
¥1200(\1260 tax in)

安藤明子、初の両A面7インチレコード盤が完成。プロデュースには前作4曲入りCD「12」に続きyojikとwandaのwandaが担当し、曲のイメージから思いついたミュージシャンに声をかけて新しい安藤明子の世界を形にした「アペタイト」「月のうた」の新曲2曲を収録し新レーベル、ねむたい目レコードからリリース。「アペタイト」はフォークロックを基調にしつつアバンギャルドな展開を見せるヘビーでありつつポップな高揚感溢れる楽曲に、「月のうた」はいつかどこかにあった懐かしい場所へとタイムスリップしたような空気感で切なく余韻を残す美しい楽曲に仕上がりました。「アペタイト」には コントラバスで服部将典(NRQ)、エレキギターで加藤義明(ex.村八分)、エレキギターとドラムでwanda(yojikとwanda)、「月のうた」には二胡で吉田悠樹(NRQ)、スティールパンでトンチが参加し、芯となる安藤明子の歌とアコースティックギターの持つ力強さをより引き立てる演奏となっています。

62812F18-0918-411E-9FCD-4E141A761BCC.jpg

よろしくお願いします!

posted by 安藤明子 at 21:06| 音源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする